関節痛や神経痛のことで悩んでいるのなら必要なアイテム

ヌルヌルの効果

フコダインの驚異的な効果を知っていますか

もずくや昆布、ワカメ等の海草にあるぬめり成分は体にいいとされていますが、フコースと呼ばれるものを多く含んでいるからといわれています。これをフコイダンといいますが、中でも南太平洋のトンガ産のもずくから抽出されるフコイダンは低分子で、通常のものよりもいいとされています。そのメカニズムは、未だ解明されていないのですが、フコイダンを摂取すると免疫細胞が活性化して、癌腫瘍を小さくする効果が期待できるようなのです。実際にフコイダンを服用した患者には、即効性が見られましたという研究結果も存在しています。日本でも以前注目が高まりました。フコキンサンチン、マグジサリシレート、フコイダンの3種類の褐藻抽出成分を使って、通常の癌治療の効果を高める為の治療を、新フコイダン療法と呼んでいます。

医師が注目する新フコイダン療法

現在において、認識されている低分子フコイダンが有する癌に関する作用として、アポトーシス作用と血管新生抑制作用、および免疫強化作用の3つがあります。低分子化する事で、消化器官から体内へ効率良く吸収されるようになります。フコイダンの免疫調整作用ですが、従来、細胞というのは一定期間を過ぎると自ら消滅します。これがアポトーシス作用なのですが、癌細胞については増え続けていくのです。この癌細胞に直接働きかけるのがフコキサンチンであり、癌自身が自ら消えていく作用があると言う訳です。フコイダン療法は、服用するだけなので簡単に始められますし、大きな副作用の心配もすることがありません。ほとんど患者が従来の治療と併用してフコイダン療法をスタートできます。癌が見つかって入院待ちの人であれば、少しでも進行を抑えて、本格的な治療に耐えられる体力を回復させる為にフコイダン療法を利用したり、放射線治療や抗がん剤の治療を受けたりしている人は、その副作用を抑制する為に、そして末期の人は、少しでも進行を遅くする為に、フコイダン療法を始める事が良いかと考えます。フコイダン療法は、大学で研究が行われ、現在は学会でも発表されている代替療法なのです。