関節痛や神経痛のことで悩んでいるのなら必要なアイテム

癌の治療にも

癌の代替療法について

癌の治療方法として抗がん剤や放射線治療等を使用することが知られています。近年では癌治療と並行して行う代替療法が注目されています。代替療法とは西洋医学の治療方法の代わりになるものを使用したりや足りない部分を部分を補なったりするものを用いて治療を行う方法のことです。具体的には、漢方薬やサプリメント、鍼灸、マッサージ等があり、病院で受ける治療と併用して行うことをいいます。つまり、抗がん剤や放射線治療を受けながら漢方薬やサプリメント、健康食品等を摂取する、マッサージを受けるということです。特に癌細胞の増殖を抑制し免疫力を高める効果があるといわれている成分がフコイダンです。フコイダンを使用する、フコイダン療法は副作用の心配が少ないとされています。

フコイダンを使用することで得られる効果

ここからはそのフコイダンについて述べていきます。フコイダンは海藻の昆布やモズクのヌルヌルした物質の中に豊富に含まれている成分です。このフコイダンには、免疫力を高める効果やがん細胞の増殖を抑制し、がん細胞を自然に消滅にさせる作用があります。特に、がん細胞の増殖を抑制することとがん細胞を自然に消滅させる作用は、強力なものがあります。フコイダン療法はこのフコイダンによる効能を生かして、治療に用いる方法です。フコイダン療法で免疫力を高めてがん細胞に打ち勝つための体づくりの効果もあると考えられています。癌の治療においてはフコイダン療法を併用することで、高い効果を得ることが期待されています。フコイダン療法は成人病の予防や抗アレルギー作用にも有効といわれています。